前へ
次へ

日常的な中国語の会話を学習に取り入れる

外国語の学習は、コミュニケーションが取れるほどにならなければ意味がありません。中国語は、もともと日本語の表記の土台になっていますから、漢字そのものには親しみがありますので、意欲的に学習を進めることができます。しかし、発音の多さにつまずき途中で投げ出す人も少なくありません。そのためには、相手に伝わる言葉をしっかりと口から発することができるようになる会話学習を楽しく意欲をもってできることが大切です。一般的に、その地に住んでいれば身の回りの必要な会話のほとんどが3か月ほどで身につくと言われています。つまり、日本にいても中国にいる雰囲気の日常会話体験を中国にいるつもりで行うことができれば、習得はとても速いですし、実践力となり、いつ中国に飛び込んでも大丈夫という自信につながります。中国語の生活に結びつく言葉をたくさん学び、それにどんどんと返していくことができるシステムを得ることが中国語習得の早道です。

Page Top