前へ
次へ

何もない所から中国語を学習する時には

訪れたい観光名所がある、自社が中国に進出する事になった等で中国語の学習を一から行う事を求められている人はいませんでしょうか。全く何も無い所から中国語を学習する際には、発音にウェイトを置くようにしましょう。日本語や英語等は、単語の組み合わせが合っていれば発音が多少ずれていても相手には通じますが、中国語ではそういう訳にはいきません。中国語は音の種類が非常に多く、同じ単語でも発音が違えば全く相手とのコミュニケーションが成立しない時があります。参考書を購入する時には、発音を日本人にも分かりやすいように説明しているものや、CDが付いているもの等を選ぶようにしましょう。発音の大事さを理解し、ある程度独特の発音を理解し始めたら、単語を覚えていきましょう。コミュニケーションを成立させるためになるべく多くの単語を知る必要があるというのは、どの言語も共通の事項です。そして何より、自分だけで解決しないことがあれば色々な所を参考にすることが大事です。周りで勉強している人や、学習ブログ等様々な形で悩みを解決しましょう。

Page Top